TOEIC対策!【TOEIC対策はこれで十分】
毎日英語を話せるから、みるみる上達!

TOEIC勉強法

TOEICで600点以上をまずは目標としている人は、まずはリスニングの上達を考えた勉強法をした方が良いです。

リスニングの勉強って何をしたらよいのかが分からない、という人も結構いるんですが、そんなに難しく考える必要はありません。

TOEICだったらTOEICのリスニングのCDを全て理解するまで何回も聞き続けるということが、TOEICのリスニング勉強法としては一番近道になります。

一回CDを聞いた後に答えなどを見ても構いません。

とにかく何回も聞いて、CDでの英語が全て理解できるまで聞き込んでください。

一枚のCDでは不安だという人は2枚でも3枚でも増やしても構いません。

大事なことはとにかく、一枚のCDに入っているリスニング問題を全て理解するということです。

これさえしっかりやれば、TOEICのリスニングで満点を取るなんてことは意外と簡単に出来てしまいます。

そして、このリスニングの勉強で得た単語力、文法力があればリーディングでもある程度のスコアは簡単に取れます。

そうしたら、TOEIC600なんて簡単にいってしまいますよ。

騙されたと思って試してください。


TOEIC対策!【TOEIC対策はこれで十分】

TOEICの隠れた優良教材として名高いのかこちらの教材です。

正統派の英語学習法


英語が苦手だった著者が1年弱でTOEIC900点に達した勉強法を詳しく解説しているだけではなく、英単語の覚え方や文法の勉強法などTOEICだけでなく英語全般の勉強法をしっかり解説しています。

TOEICに特化したようなタイトルがつけられていますが、実際にはそれ以上の価値のあるものとなっているのではないでしょうか。

留学などを一切経験したことのない著者の勉強法は多くの人にとって役立つものになっているはずです。

サイトでは無料でレポートも見ることができるようになっているので、これを読むだけでも何かのヒントが得られるかもしれませんよ。

是非チェックしてみてください。

1年でTOEIC 900の秘訣



TOEIC対策!【TOEIC対策はこれで十分】
TOEIC900点のためには勉強法もしっかりとしたものを確立しなければなりません。

しっかり毎日これをやるといった方向性をまず打ち出して、あとはそれを愚直に実行する。
これだけで、TOEIC900点というのは意外と簡単に達成できます。

そのためにも毎日やるべきことというのはしっかり勉強を始める前に把握しておく必要があります。

それさえ最初にしっかりしてしまえばあとはそれを毎日実行するだけの単純なものになりますからね。

それはそれで非常に根気のいることですが…。

そこで私がTOEIC900点を達成するためにおすすめする毎日するべきことリストを挙げておきます。


・海外ドラマを英語字幕で毎日30分は見るようにする。(フレンズがおすすめです。)

・インターネットラジオでトークラジオを毎日30分〜1時間聞く。

・寝る前に洋書を20分程度読む。


基本的にはこれだけで十分です。

あとはこれらをしているときに、よく目にしたり耳にしたりする英単語をメモ帳なのどにメモして辞書でその意味を調べたりしてください。

これらのことを1年間実行することができれば、かなりの確立でTOEIC900点は達成することができます。
もちろん長く続ければ続けるほどその確立は上がりますよ。

実際に私の友人は私が紹介したこの勉強法でTOEIC900点を達成しています。

ですので、私的にもかなり自信を持って紹介できるものとなっています。

是非、お試しあれ。


TOEIC対策!【TOEIC対策はこれで十分】
私は留学した最初の頃、何とか早く英会話を上達させようと暇があるたびにラジオを聴いていました。

音楽が主体のラジオでなく、トーク主体のラジオですね。

私の場合まったく英語が苦手だったので、当然何を言っているのかはさっぱり分からず、しかも面倒くさがりな性格だったため辞書なんて一切ひきもしませんでした。

それでも何もやらないよりはまし、とただひたすら聞き流していたわけですが。

ラジオを聴きだして一ヶ月程たったころに、学校で友人がTOEICの勉強をしていたので、そこに私もまじって勉強をすることにしました。

リスニング用のCDを聞きだして、問題を解いているうちにすらすら問題を解けている自分に気がつきます。

「あれ?」

そしてリスニング問題が全て終わった後に採点してみると何と満点。

「あれ?」

ちなみに私の留学直前のTOEICスコアは400点。

リスニングに関してはひどいスコアでした。


それがたった1ヶ月ラジオをただ聴いていただけで満点ですよ。


信じられませんか?


車で高速道路の運転をずっとしているとスピード感覚が麻痺してしまい、一般道におりたときに普段運転しているスピードがひどくゆっくりに感じてしまうことは、多くの人が経験したことがあると思います。

私が経験したのは正にこれです。

TOEICリスニングがすごくゆっくりに聞こえたんです。

TOEICのリスニング問題はしっかり聞き取ることさえできれば設問は非常に単純なものなので正解することは決して難しいことではありません。

ですので、その聞き取る練習としてこのラジオを聴くということは非常に効果的なものだったんですね。

日本にいながらもインターネットラジオをなどを使えば、海外の国どこのラジオも聞くことが可能です。

何を言っているのか理解できなくてもいいので、一日1時間は何もせずに聞いてみてください。

それがたった1,2ヶ月でTOEICリスニングで満点を取れる最強の勉強法です。


TOEIC対策!【TOEIC対策はこれで十分】
TOEICに限らず、英会話、英検など全ての英語の学習に素晴らしく役立つ方法として私がおすすめの勉強法が「海外ドラマを英語の字幕で見る」ということです。

この勉強法の成果を疑問視する人も結構いるのですが、それはとてももったいない話だと思います。

まず、皆さんに覚えておいていただきたいのが、英語を上達させる=机に向かって必死に勉強するということではないということです。

留学をしたことのある人は知っていると思いますが、日本人以外の留学生で英会話が達者な人でそのために必死に机に向かって勉強している人なんてほとんどいません。

みんな、語学学校などの宿題をやらなかった言い訳を30分くらい平気でべらべら喋りますからね。

英会話がうまい奴ほど机に向かって勉強なんてしていません。


じゃあどこでみんな英語を学んでいるかといえば、やはりテレビなどで自然と覚えていくと言う人がほとんどです。

みんなアメリカに来た当初は日本人みたいに数が多くないので、どうして外に出ずに家でテレビを見る時間というのが増えていたそうです。

しかし、英会話上達の観点から見れば、これがとてもよい方向に働いたと。

私の場合その話を聞いて、一生懸命机に向かって勉強していた自分が馬鹿らしく感じてしまいましたが、皆さんはどうでしょう?

ということで、皆さんもあまり勉強ばかりせずにちゃんとテレビを見てくださいね。


TOEIC対策!【TOEIC対策はこれで十分】
TOEICの勉強法として私がお勧めしたいのは、参考書を読みこんだり問題集をやりこむといった机に向かっての勉強ということではありません。

もちろんこの方法でTOEICでハイスコアを取ることは十分可能です。
むしろ短期間でスコアアップを目指すのであればこの方法が一番効率的ともいえます。

しかし、この勉強法の欠点として

・問題集全ての問題を理解してマスターするには多大な時間を要する。

・単調な作業の繰り返しなので途中で挫折しやすい。

・面白くない。

といったことが挙げられます。

TOEICでスコアを上げる=机に向かって勉強をする。という図式を思い浮かべる人は多いと思いますが、これって実は当てはまらないときの方が多いです。

事実、留学中に最初私より英語ができなかった友人が一人。

一生懸命机に向かって勉強していた私よりも、テレビをずっと見ていたその友人の方が英語の上達は早かったですからね。

それでも、ペーパーテストなどでは流石に負ける気はしなかったのですが、結局は雑誌や本をよく読むその友人には追い抜かれてしまいました…。

机に向かって得ることのできる英語なんて所詮そんなもんです。

実力はそんなに上がらないけど、勉強をした気にはさせてくれる机に向かってのガリ弁。

楽で「こんなことしてていいの?」と思ってしまうけど実力はめきめき上がる、テレビと読書。

あなただったらどちらを選びますか?


TOEIC対策!【TOEIC対策はこれで十分】